大子町のおもな紅葉スポット

11月頃になると、大子の山々は1年のうち1番綺麗な姿を見せます。真っ赤に染まる袋田の滝をはじめ、町全体が紅に染まります。通称もみじ寺と呼ばれる「永源寺」では、境内を埋め尽くすほどのもみじが、訪れる方の目を楽しませてくれます。他にも、大子町の各地に、紅葉の中のハイキングや写真撮影を楽しまれるお客様が例年多くお越しになります。
今年の秋は、魅力たっぷりの大子町へぜひお越しください。

袋田の滝

袋田の滝

別名「四度(よど)の滝」ともいわれる袋田の滝。その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。そんな袋田の滝の秋は、周囲の木々のあでやかな紅葉が滝を包み込み、燃えるような紅と清々しい滝の流れが絶妙なハーモニーを奏でます。

カエデ、クヌギ

くわしくはこちら

永源寺

永源寺

通称もみじ寺と呼ばれる永源寺。その名の通り、シーズンともなれば境内を埋め尽くす赤や黄色のもみじが素晴らしい景色を作り出してくれます。大子七福神の紅一点、弁財天をまつるお寺で、高台にあるため、境内からは大子町を一望することができ、町全体の紅葉も楽しめるお得スポットです。

モミジ

永源寺(もみじ寺)臨時駐車場のご案内

くわしくはこちら

八溝山

八溝山

茨城県内最高峰(1,022m)を誇り、栃木、福島との県境にそびえています。 雄大な眺望を誇る山頂の展望台をはじめ、八溝嶺神社、日輪寺、ブナ・ダケカンバ等の原生林など見どころも豊富な自然の宝庫。また、八合目付近には、環境庁の「名水100選」の一つに選定された八溝川湧水群があります。

ブナ、ダケカンバ、ナラ、カエデ

くわしくはこちら

 

男体山

男体山

大子町の東南部に位置する男体山は、標高654メートル。北側と東側は穏やかな傾斜、西側と南側は断崖絶壁という、その名のとおり男性的な景観です。登っても眺めても楽しめる男体山は、古くから信仰の山として知られるなど、神秘的な雰囲気も持っています。
彩る紅葉の中をハイキングはいかがですか?

カエデ、ウルシ、ナラ

くわしくはこちら

 

 

地図

コメントは受け付けていません。