龍泰院(布袋尊)

福徳・円満の神

中国の唐の時代の禅僧で、その名を契此といい、七福神の中では唯一実在した人物です。
額が広くてお腹は大きく、福々しい耳を持ち、いつも杖と大きな布袋を持ち歩き、布袋和尚とも言われ吉凶晴雨を予知したといわれています。どんな時でも笑顔をもって人に接する態度、しっかりした意思を持ち、世の中の清も濁もあわせ呑み込む大きなお腹をしています。宝物のいっぱい入った袋を背負い、財宝を限りなく与えてくれる神様です。
布袋尊(ほていさま)



龍奏院

由来

天文の時代(元年は1532)に創建。開山は、足利市長林寺の五世天山正繁禅師。

  • 例大祭 毎歳1月15日
  • 縁日 毎月15日
寺の花/つばき つばき



アクセス

茨城県久慈郡大子町袋田1500
TEL 0295-72-3136

龍泰院(布袋尊)

コメントは受け付けていません。