高徳寺(恵比寿)

漁業・商売繁盛の神

えびす様の愛称で呼ばれるように、その福徳は神慮のこもった両手に示されています。
左手に抱えている鯛はメデタイを表し、商売繁盛、無病息災、家内安全、交通安全など、すべてのめでたいことを授ける心を表現しています。
恵比寿(えびす)



高徳寺

由来

永禄元年(1558)、常陸太田の耕山寺十二世、舜霊文芸和尚が開山。鳳林山阿弥陀院と号し、本尊は釈迦如来で開山時のものが安置されている。
山門の四脚門は、4本の欅の丸柱で組み立てられ、室町時代末期の建築様式の特色を残している(町指定文化財)。

寺の花/うめ うめ



アクセス

茨城県久慈郡大子町上郷2056
TEL 0295-77-0056

高徳寺(恵比寿)

コメントは受け付けていません。