花火大会と灯籠流し

8月の夜を彩る、大子町の夏の風物詩

華麗に夜空を彩る花火大会。そして、川面に幻想的な光を映しながら流れる灯籠流しは、奥久慈大子の夏の一大イベントです。 乱玉にはじまり、スターマイン、早打ち、3,300発の花火が久慈川の中州から打ち上げられ、水難供養のため4,000挺の灯籠が流されます。奥久慈の山々にこだまする大花火と、緩やかに川面に揺れる光の競演は大子町ならではのものです。 また、歩行者天国となるJR常陸大子駅前通りには特設会場が設けられ、子ども達も喜ぶさまざまなイベントが昼間から行われます。 大子町は、この日一日、祭りのムード一色となり、町中に喚声が止むことがありません。

開催日時

平成29年8月14日(月)

打上げ場所

久慈川・押川合流点【中洲】 (大子町大字大子)

花火の打上げ総数及び種類

総数:3,338発
種類:連発、スターマイン

灯籠の数量

4,050挺

交通

常磐自動車道「那珂IC」から国道118号経由で約60分 JR水郡線「常陸大子駅」から徒歩約5分

交通メモ

駐車場約2000台(一部有料あり) 会場周辺は、当日交通規制が行われます。

 

フォトギャラリー

ムービー(2009年の模様です)

コメントは受け付けていません。