鮎のつかみどり大会

久慈川で、自然と水と魚と戯れるひととき

奥久慈の夏の風物詩「鮎のつかみどり大会」は、久慈川と押川の合流点に広大な特設会場(2,000㎡)を造り、アユを約10,000尾を放流します。花火を合図に一斉にスタートすると、子どもだけでなく大人も童心に帰り、泳ぎ回るアユを夢中になって追い回す楽しいイベントです。放流した中には、ウナギを入れてあり、捕まえた人には賞品のプレゼントがあります。また、会場内にはアユの塩焼きサービスもありますので、自分で捕まえたアユを焼きたてで「ガブリッ!」といくのもこの大会の醍醐味のひとつです。

開催日時

平成29年8月6日(日)

交通

常磐自動車道「那珂IC」から国道118号経由で約60分
JR水郡線「常陸大子駅」から徒歩約10分

交通メモ

お車の方は、大子町役場と保健センターの駐車場をご利用ください。

 

フォトギャラリー

コメントは受け付けていません。