八溝山

自然度100%、茨城県最高峰

茨城、福島、栃木の三県にまたがるようにそびえ、標高1022メートルと県内最高峰を誇る八溝山。その名は、八方に深く谷が刻まれているところに由来します。
清冽な水と豊富な緑に恵まれた八溝山は、山中を歩けばブナやナラの大木が生い茂り、珍しい植物や小動物に出会うことができる自然の宝庫です。八合目付近には、環境庁の「名水100選」の一つに選定された八溝川湧水群があり、「金性水」、「龍毛水」、「白毛水」、「鉄水」、「銀性水」と呼ばれる五水は、水戸藩二代藩主水戸光圀公が命名されたといわれており、多くの自然に潤いを与え、ハイカーの渇いた喉を癒してくれます。
また、山頂には閑静なたたずまいの八溝嶺神社、中腹には坂東33観音霊場の第21番札所の日輪寺があり、古くから信仰の山としても知られています。

山頂からの眺望(富士山を望む)
八溝川湧水群のひとつ「金性水」
山頂からの眺望(富士山を望む)
八溝川湧水群のひとつ「金性水」


八溝山展望台

山頂にある八溝山展望台は、高さ16.5メートル、城をかたどった造りです。
展望台からは、奥久慈の山々や那須、日光連山、阿武隈山脈を一望のもと、良く晴れた日には遠く富士山、時には青白色にきらめく太平洋、といった雄大な眺望を満喫できます。

八溝山展望台


アクセス

茨城県久慈郡大子町大字上野宮

八溝山

コメントは受け付けていません。