外大野のしだれ桜

水戸黄門お手植えの桜

茨城県指定天然記念物

 

地元では俗に「下大倉(しもおおくら)の桜」と呼ばれ、伝承によれば、かつて水戸光圀公お手植えの桜といわれ、「他所へ移植されても根付くな」と言う意味の和歌を作られたといいます。今その和歌の記録はありませんが、この木は挿木しても根付かないといわれています。
開花時期は、4月上旬から中旬で、花弁は淡紅色で単弁(一重)、樹勢は良好で、開花期間中にはライトアップや桜祭りなども実施されます。
しだれ桜は、エドヒガンの一種で別名糸桜ともいいます。

樹齢 300有余年(推定)
幹周囲 2.9メートル
樹高 20メートル
枝張り 東西18メートル、南北19メートル

 

アクセス

茨城県久慈郡大子町大字外大野

外大野のしだれ桜

コメントは受け付けていません。